メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生の植え方 張り方

芝生の植え方・張り方lawn How-to

日当たり・水はけ・風通しが良い場所に張りましょう

芝生を育てるのに重要なのは、日当たり・水はけ・風通しです。もっとも重要なのは日当たりで、植物の生長に日光が必要なのはもちろん、日陰はどうしても水はけが悪くなり、芝生の成長にも良くありません。もし建物や木の陰になって日当たりが悪いと生育も遅くなります。

一日中日光が当たることがベストですが、最低でも一日5時間ぐらいは日光が当たることが必要だと思います。もしこのような日当たりの条件が揃うことは難しい場合は、比較的日陰に強い芝生の品種を張る(植える)ことをお薦めします。

また、風通しが良く芝がいつも新鮮な空気を吸えるような環境を作ることも、生育するのにポイントとなります。このように3つの条件が良い所で芝生を張る(植える)と、意外と簡単に芝生の庭が造れると思います。

芝生を張る(植える)時期

芝生を張る(植える)時期jiki

芝生を張る(植える)最適な時期と、季節ごとの注意するポイントをご紹介

芝生は真夏と真冬以外なら気温や水分量に注意して芝張り可能ですが、芝生を張る(植える)最適な時期と、季節ごとの芝生を張る(植える)時の注意点をご紹介。 芝生を張る(植える)時期はこちら

整地作業

整地作業seichi

きれいな芝生つくりには欠かせない、床土の作り方をご紹介

芝生を張る(植える)のに欠かせない、整地作業と床土の作り方を説明しています。よりきれいな芝生を作るための、酸度や肥料のことについても紹介。 整地作業はこちら

芝張り作業

芝張り作業sagyou

主なマット芝の貼り方と特徴、芝張り後の作業をご紹介

マット状の芝生を敷いていく貼り方(植え方)の主な方法と、貼り方(植え方)の特徴・注意点を説明。目土作業や散水作業など、芝張り後の作業も紹介しています。 芝張り作業はこちら

芝生の植え方実践編

芝生の植え方実践編report1

我が家の庭に高麗芝を植えた時の芝生の植え方体験リポート。

我が家の庭に高麗芝を植えた記録を紹介します。 芝生の植え方実践編1-下準備はこちら 芝生の植え方実践編2-床土つくりはこちら 芝生の植え方実践編3-芝張り作業はこちら

芝生と暗渠排水

芝生と暗渠排水ankyo

透水管を埋めて水はけを良くする暗渠排水という方法を紹介

暗渠排水とは、水はけが悪い土地で地中に透水管を埋めて水はけを良くする方法。水はけが悪い土地に芝生を植える時は、事前に暗渠排水を施しましょう。 芝生と暗渠排水はこちら

芝生の暗渠排水実践編

芝生の暗渠排水実践編ankyoreport

我が家庭の水はけをよくする為の暗渠排水設置の体験リポート

我が家の庭は水はけが悪い。でも芝生を植えたい。そこで土中の水はけを良くするために、暗渠排水をDIYに設置した体験リポート。 芝生の暗渠排水実践編はこちら

芝生のオーバーシード

芝生のオーバーシードoverseeding

一年中緑の芝生が楽しめるオーバーシードの方法を紹介

芝生の上から、新たな芝生の種を蒔くことをオーバーシードと言い、主に一年中緑の芝生を楽しむ為に使われる方法です。 芝生のオーバーシードはこちら

芝生の補植(部分張替え)

芝生の補植(部分張替え)replanting

芝生が部分的に枯れた場合の補植の方法を紹介します

芝生は部分的に枯れてしまうことがあります。その枯れた部分の芝生を張替えることを「芝生の補植」といいます。 芝生の補植(部分張替え)はこちら

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

月別アーカイブ

キーワードで検索

エアレーション サッチング 中庭 前庭 手入れ 施肥 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝張り 蒔き芝 裏庭 除草