メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生の手入れ 水やり

芝生の手入れ 水やりwater

季節ごとの適切な水やりを心がけましょう。

芝生の管理に不可欠なのが水やりです。芝生は、水不足になると葉の緑色が失われ、やがて枯れてしまいますので特に夏場には毎日の水やりが必要となります。

水やりのしずぎは良くありませんが、鉢植えの植物と同じような間隔で水やりをして、芝生を乾燥させないようにして下さい。

水やりの頻度

水やりの頻度

春は3~4日に一度、夏場には基本的に毎日。

春には3~4日に一度ぐらいで、夏場には基本的に毎日水やりをしてください。もちろんお住まいの地域や日当・風通しを考慮して頻度を調整してください。
とくに酷暑の時期、しかも雨の降らない日が続く時は、朝晩の水やりは欠かさないようにしてください。

芝生は、湿気がありすぎても、乾燥しすぎてもうまく育ちません。とくに気温が高い状態で水が不足すると,当たり前ですが枯れ始めますのでご注意。また西洋芝の場合は日本芝よりも水やりの頻度が高くなります。

水やりの時間

朝夕にたっぷりとむらなく水やり。

夏の日差しの強い日中の間は避けて、朝夕にたっぷりと水やりをして下さい。日中、気温があがってからでは、芝が蒸れて傷む可能性があります。
一番良いのは、朝晩、出来れば日の出前、日の入り後です。たっぷりとむらなく水をあげるのがポイントです。

水やりの方法

スプリンクラー

地中深くまでとどくようにたっぷりとまきます。スプリンクラーを使うとかっこいい。

芝生の水やりは、ホースリールを使って行シャワー状に水まきをするのが一般的です。水やりは地中深くまでとどくようにたっぷりと行ないます。
表面がぬれる程度の水やりでは、すぐ乾燥してしまい、芝の根が深く伸びることができず、生育が悪くなってしまいます。

広い芝生ならスプリンクラーを使用すると便利です。スプリンクラーはなるべく細かい水が広範囲に飛ぶタイプが良いでしょう。
全自動スプリンクラーを設置すると、朝や晩などの決まった時間に自動的に水やりが出来るようになるので、水やりの手間は一切かかりません。

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

月別アーカイブ

キーワードで検索

エアレーション サッチング 中庭 前庭 手入れ 施肥 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝張り 蒔き芝 裏庭 除草