メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生の手入れ 芝刈り/刈り込み

芝生の手入れ 芝刈り/刈り込みshibakari

芝刈りは美しい芝生を保つのに最も重要なメンテナンス。

芝生にとって良い環境だと、芝生はすくすくと育ちすぐに伸びてしまいます。とくに5~9月くらいの時期は成長のスピードが速く、週に一度は草刈りをしなければなりません。

あまり伸び過ぎてほったらかしになった芝生は、汚ならしくみっともないです。もはや単なる雑草といっても良いでしょう。

美しい芝生を作るためには、こまめな芝刈りにかかっています。「長くなったから刈る」のではなく、美しい芝生を保つためにこまめな芝刈りを心がけましょう。

芝刈りの頻度

芝生の成長に合わせて、こまめな芝刈りを心がけましょう。

高麗芝・野芝の場合は、夏の芝生が良く成長する5~9月は少なくとも月4回、春・秋は伸び具合によりますが、2~3週間に1回くらいは刈っておいたほうが良いでしょう。
西洋芝の場合は、4〜6月と10〜11月が芝刈りに適しています。月4回程度を目安に芝刈りをしてください。
頻繁に芝刈りをすることで、芝が密になり、美しい芝生になるばかりでなく、雑草の侵入も防ぐことが出来ます。

また、芝刈りが出来ずに芝生が長く伸びてしまった場合は、一気に短く刈ってしまってはいけません。一度に刈らず、数回かけて徐々に低く刈っていきます。一気に短く刈ると、軸刈りになってしまい緑がなくなり緑の芝生に戻すのに時間がかかります。

全く伸びない冬は,もちろん刈る必要はありません。

芝刈りの方法

芝刈り

芝刈り機を使って刈りましょう。刈りすぎには注意。

芝が約3〜4cmまで伸びたら半分くらいの高さまで刈り込みます。春には枯れ葉の除去もかねて低く刈り込みます。
あまり低く刈り込むと軸刈りになってしまいますので注意しましょう。

芝刈りの道具は、芝刈りばざみやバリカンでも芝刈りは可能ですが、ある程度の面積の芝生になるとさすがに手作業では大変です。
是非、芝刈り機を使うことをお薦めします。芝刈り機は、電動でも手押しでも、どちらでも良いと思いますが、楽なのは電動タイプです。

芝刈り機について

刈りカスは竹ボウキやレーキで集めて処分します。刈り込み後、刈りカス(サッチ)を竹ボウキやレーキなどを使ってで綺麗に取り除いて下さい。放置しておくと病気の原因になります。

エッジの処理

エッジの処理

エッジの処理をきれいに仕上げると、芝生全体がさらに美しく見えます。

芝刈り機で刈りにくい端の細かな部分などには、芝刈りばざみやバリカンで刈り込みます。

最も手軽なのは芝刈りばざみを使って手で刈る方法ですが、庭の広さによってはけっこう疲れます。
その点、電動のハンディバリカンはすごく楽です。端などの細かいところが綺麗に仕上がり、芝生全体の美しさがぐっと違ってきます。

いずれの場合も、刈り込み後、刈りカス(サッチ)を竹ボウキやレーキなどを使ってで綺麗に取り除いて下さい。放置しておくと病気の原因になります。

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

月別アーカイブ

キーワードで検索

エアレーション サッチング 中庭 前庭 手入れ 施肥 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝張り 蒔き芝 裏庭 除草