メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
3月の芝生の手入れ

3月の芝生の手入れmarch

日本芝は芝生の芽が出始め、西洋芝は葉色が鮮やかに。

日本芝は3月になると、徐々に成長を開始し新しい芽が出始めます。
芝生が成長し始める3月は、芝生を植えたり、冬の間に傷んでしまった芝生を補植したりするのに適した時期となります。この時期にしっかりとメンテナンスしてあげれば、春から秋にかけて綺麗な芝生に育てることができます。

西洋芝(寒地型)は3月になると、芝生の葉色が綺麗な緑色に変わり始め、芝生の成長も活発になります。
西洋芝(寒地型)の生育適温が10℃〜24℃でこれからの時期が西洋芝(寒地型)の一番の生育期になります。

3月の日本芝(暖地型)の手入れ

芝生の植え方

芝生が最も成長する時期の直前の3月から4月にかけてが、日本芝を植えるのに最も適した時期になります。高麗芝などの日本芝の場合は、張り芝という方法で芝生を植えます。また冬の間に傷んでしまった芝生の捕植をするのにも適した時期でもあります。

芝生の植え方

芝刈り

高麗芝などの日本芝はこの時期はまだ葉が伸びてこないので、3月は芝刈りの必要はありません。

芝刈りの方法

水やり

気温も低く芝生も乾燥しにくいので、高麗芝などの日本芝は3月は水やりの必要はありません。

芝生の水やりの方法

芝生の肥料

3月の前半から中頃までは、特に施肥の必要はありませんが、3月末から4月にかけては、チッソ成分が10%程度の化学肥料を1㎡あたり20g施肥します。3月に芝生を植えた場合(張り芝)は、窒素(チッソ)・リン酸・カリウムを含んだ有機質肥料を元肥として、床土に施しておきましょう。

芝生の肥料

目土入れ

目土入れとは、芝生の葉が隠れない程度に薄く土をまくことです。排水性の良い洗い砂などを使用します。芝生が芽を出し出すこの時期は、芝生の凸凹が分かりやすい時期でもあります。芝生が窪んでいる場所に目土入れをします。この時期の目土入れは、土を多く入れすぎると芝生の成長に良くないので、窪んでいる部分のみ薄く目土入れをします。また目土入れは、芝生が凹んでいる部分の補修だけではなく、芝生の発芽を促し密度の高い芝生を作る効果もあります。

目土入れの方法

3月の西洋芝(寒地型)の手入れ

種まき

3月は西洋芝の種まきには適していません。春に西洋芝(寒地型)の種をまきたい場合は、西洋芝(寒地型)の成長が活発になりだす4月まで待ちましょう。

芝刈り

この時期の西洋芝(寒地型)は月に2回程度を目安に芝刈りをします。芝高25mm程度を目安に芝刈りをします。一度に短く刈ってしまうと芝生の成長バランスが崩れてしますので注意しましょう。

芝刈りの方法

水やり

西洋芝(寒地型)は、日本芝に比べて乾燥に弱いので、芝生が乾燥しないように水やりをこまめに行いましょう。ただし、バミューダグラスは乾燥に強いので、水やりはそれほど必要ではありません。また、施肥を施した場合は十分に水やりを行ってください。

芝生の水やりの方法

芝生の肥料

3月は西洋芝(寒地型)の根の成長が活発になり始める時期です。この時期の施肥としてはチッソ成分が10%程度の化成肥料を1㎡あたり20gを目安に与えます。また施肥の後には十分に水やりを行ってください。芝生には適度な栄養分が必要で、適切な肥料を与えることで均一で密度の高い芝生を作ることが出来ます。

芝生の肥料

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

月別アーカイブ

キーワードで検索

エアレーション サッチング 中庭 前庭 手入れ 施肥 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝張り 蒔き芝 裏庭 除草