メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生ブログ

芝生の植え方と時期について2011.04.20

芝生を植える(張る)時期はやはり春が一番最適です。わたしも去年のゴールデンウィークから準備を始め、5月の中旬に芝生を張りました。

春に芝生を植えると秋まで生育期が続くので、夏の間はグングンと成長してくれるので、簡単に芝生を育てやすくなります。

また、張ったばかりの芝は乾燥しやすいのですが、梅雨の時期に雨が降ってくれるので、水やりの回数も少なくてすみます。

まとまった休みが取れる、会社員の方などは、ゴールデンウィークに芝庭作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

続きを読む

DIYによる芝生の植え方の手順

整地作業

1.整地作業

芝生を植える(張る)床土を作る前に、芝生を張る場所の石や雑草を取り除いておきましょう。芝生の床土として最適な砂の多い土で、床土をつくることが理想的です。ホームセンターなどで売っている「芝生の床土」を購入しても良いでしょう。

整地作業について
芝張り作業

2.芝張り作業

ホームセンターなどで売っている、正方形の芝生を植える方法には、べた張り、目地、張り、市松張りなどの方法があります。それぞれに、メリット・デメリットがあるので、予算を考慮して植え方を決めましょう。

芝貼り作業について
目土作業

3.目土作業

芝生を敷き終わった後に、芝生のつなぎ目(目地)がしっかりと隠れるように、目土を入れます。入れた後に、目土が均等になるように、レーキ、ホウキ等を使って目土を芝全体に広げます。

目土作業について
散水作業

4.散水作業

芝生の根までたっぷりと水を撒きます。張ったばかりの芝は乾燥しやすいため、芝生を植えた後、しばらくは、床土が湿るくらいまでしっかりと水を与えてください。

散水作業について DIY初心者でもわかる電動ドライバーの種類と選び方>

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ