メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生ブログ

ローンパンチでエアレーション2017.04.02

4月になり暖かくなってきました。いよいよ芝生シーズンの始まりですね。芝生の一部に「芝生の穂」が出てきたので、新芽が出だすのも、もうすぐになりそうです。

今日は朝から天気が良いので、先日購入したローンパンチという道具で、芝生のエアレーションを行いました。

エアレーションとは芝生を植えている部分の固くなった土を穴を開けて柔らかくすることです。柔らかくなる=土の間に細かな空間を作ることで、土中の通気性を良くし、芝生の成長を促進することが出来ます。

私の場合は、年に1回、芝生のシーズンが始まる前にエアレーション作業を行っていましたが、今年は芝生を植えて8年目を迎えるため、土がかなり踏み固められている場所があるので、今年はシーズン中に数回、エアレーション作業を計画しています。

続きを読む

ローンパンチ

ホームセンターでローンパンチを衝動買い。妻と子供の冷たい視線。

近所のホームセンターで芝生のエアレーション用の道具である「ローンパンチJr」を購入してきました。
商品には「GoldenStar」と書かれているので、私が使っている芝刈り機と同じメーカーの「キンボシ」製だと思われます。キンボシは芝生の道具を作っているメーカーでは有名で、安心して購入することが出来ます。価格は手頃で、税込み2,000円ほどで衝動買い確定です。

しかし、見た目が同じようなローンスパイクも所有しており、同じ道具を購入していると勘違いしている妻と子供からの視線を冷たく感じる父でした。

ローンパンチとローンスパイク

ローンパンチとローンスパイクの違いを説明する

実は同じような商品で、ローンスパイクという芝生の道具がありますローンパンチとローンスパイクは見た目は同じようですが、先端が少し違います。ローンパンチは先端がパイプ状になっており、穴を開けた部分の土がパイプの中に残ることで、土を取り出す事ができます。
一方、ローンスパイクは先端が尖った形状をしており穴を開ける事は出来ますが土を取り出すことが出来ません。土を取り出すことが出来る分、ローンパンチの方がエアレーションの効果が高そうな気がするのです。
このことを必死に妻と子供に説明するも、芝生へのこだわりを理解してもらうことはできず・・・。

写真にはもう一つ靴みたいな道具が写っています。これは「芝生スパイク」という商品で、靴に取り付けて芝生の上を歩くことでエアレーションが出来るというアイデア商品。ローンパンチと並んで売られていたので衝動買いしてしまいました。この道具はまだ試せていないので、後日、使用感などをリポートします。

エアレーションについては下記ページで詳しく紹介しています。

エアレーションとは

ローンスパイクについては下記ページで詳しく紹介しています。

ローンスパイクとは
雑草をテデトール

エアレーションの前に雑草をテデトール。

エアレーションをする前に、まずは冬の間に生えた雑草をテデトールで取り除いておきました。冬の間でも雑草は生えます。今年は1月に除草剤を一度散布したので例年よりだいぶマシですが、それでもカタバミ系の雑草が結構生えていました。我が家の芝生はカタバミ系の雑草がよく生えます。カタバミは抜いても抜いても生えてきますので大変なのです。

娘とローンパンチ1

娘と一緒に、ローンパンチを使ってエアレーションを始めます。

さていよいよ、ローンパンチを使ってエアレーションを始めようとしたのですが、このタイミングで娘たちが「手伝いたい」と言い出しました。
テデトールは手伝わないくせに、楽しそうな作業のみ手伝う娘たちです。泣く泣く初パンチを娘に譲ることにしました。

娘とローンパンチ2

ローンパンチの使い方は単純。足に強く踏むだけ。

ローンパンチの使い方は、ローンスパイクと同じです。足で強く踏んで先端を土に突き刺します。ハンドルに手で力を加えても全然突き刺さらないので、足に体重をかけて一気に踏み込みます。
よく踏み固められている芝生では、娘の体重では全然突き刺すことが出来ませんでした。私の全体重をかけてやっと半分くらい突き刺さる程度です。
反対にあまり人が歩かないような所は、娘の体重でも簡単に突き刺すことができました。

先端のパイプ

ローンパンチ先端のパイプの穴に土が入ることで、地面の土を取り除きます。

ローンパンチのパイプの穴は上部までつながっていて、数回穴あけ作業を繰り返すことで、穴の上の部分からポロポロと土が出来てきます。
芝生の上に取り出した土が散乱するので、エアレーション作業後は芝生の見栄えが悪くなりました。
ローンスパイクなら土が散乱することはないので、芝生の見た目が気になる方や、シーズン中はローンスパイクを使用した方がよいかもしれません。

エアレーション

ローンパンチを使ったエアレーション作業が終了しました。

エアレーションの穴は約20cm間隔で開けています。20cmに根拠はありません。ローンパンチの2本のパイプの間隔が20cmだったのでそれに合わせた形です。
エアレーションの後は目土入れと施肥を行う事が理想です。
開いた穴に目土や肥料が入ることでより土を活性化することが出来るからですが、しかしながら本日は昼から来客があるため、本日の作業はここまで終了します。来週に施肥を行う予定です。

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

月別アーカイブ

キーワードで検索

エアレーション サッチング 中庭 前庭 手入れ 施肥 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝張り 蒔き芝 裏庭 除草